大分市下郡の美容室「mirror mirror(ミラーミラー)」

美容室 ミラーミラー

メニュー

Blog
ブログ

伊藤 建太なんで美容師になったのか✩

2018.07.05

たまには自分の美容師人生を振り返って、雑談でもさせていただきたいなと思います。

興味ないかたは見ないでくださいww

 

僕は現在36才になりましてアラフォーに突入してきました。

僕が美容師をはじめたのは高校をでてすぐでした。18才の時でしたね。

今思いかえすとよくやってこれたなーと思います。

 

高校受験の時特に将来やりたいこともなかったので近くの工業系の高校に入学しました。

クラスに女子が一人しかいないような学校でした。はいってすぐにしまったと思いました。

僕には男臭い雰囲気が苦手だということがわかりました。

 

散髪は近所の床屋さんに幼稚園ぐらいから行ってたのですが、まあそこの大将がパンチパーマですごく怖いんですよね。

毎回髪を切りにいくのが嫌でたまらなくて、ボサボサに伸びるまで放置していました。

 

中学生になったころいよいよ髪を切りにいくのが嫌になったので、親にスキバサミを買ってもらい、家の風呂場で自分で切ってみました。

そしたらそれがおもいのほかうまくいったんですよね。

 

それから僕は美容師になるまでずっと自分で髪を切り続けました。

 

それで髪を切ることの奥深さを知って、高校生の時に美容師になることを決めました。

 

そして今にいたるわけです。

 

僕は運良くいきなり天職にあたったんですね。みなさんは今のお仕事はじめたきっかけはなんですか?

 

またお聞かせくださいね^^

 

カテゴリー|
ページトップに戻る